引越し業者に依頼する前に相場をチェック!

食品は残さないよう考える

ウーマン

処分するタイミング

引っ越しでは様々なものを運びやすくするため、段ボールなどに詰めてしまうのが一般的ですが、大きな家具や家電などは箱に詰めることもできないため、そのまま運び出してしまうことになります。この時に注意しておきたいのが、食品の入った冷蔵庫です。冷蔵庫に中身が入ったままだと引っ越し業者に断られてしまうため、計画的に使い切るか処分する必要があります。食品を使い切るためには、引っ越しから1〜2週間前には中身を確認して、ある程度の献立を決めておきましょう。ひとり暮らしならそれほど食品はないでしょうが、家族ではかなりの量が入っていることがあります。引っ越し前日には霜取りと水抜きが必要なため、冷凍食品を早めに使い切ることを検討しておきましょう。どうしても残る場合は、冷蔵庫からクーラーボックスまたは発泡スチロールの入れ物に移す準備をしておくと良いかもしれません。引っ越しの前日または前々日には、冷凍室の霜取りと、製氷機や蒸発皿の水抜きを行います。冷蔵庫の移動中に水が漏れるなどすると、大変なことになるので忘れずに行いましょう。霜取りは電源を切った後、扉を開けっ放しにしておけば、すぐに溶け出します。床が水浸しになることもあるため、事前にタオルなどを用意して床に広げておくと安心です。当日は庫内に何か残っていないか確認してから、引っ越し業者に任せるようにします。運び出しの際はコンプレッサー内のオイルが逆流して故障することもあるため、できる限り傾けないよう注意して運ぶようにしましょう。