引越し業者に依頼する前に相場をチェック!

引っ越し料金を抑える方法

男の人

遠距離の引っ越しを安く

現在、地方を離れて東京23区内に上京する人が、若い世代を中心にどんどん増えているそうです。近年は東京など都市部に人口が集中していっている時代になっています。福岡は九州で最も栄えている県です。福岡県の中でずっと暮らす人が多い中、福岡に住む人が都会に出るとなると、東京に憧れる人が多いのか、大阪や名古屋などよりも、まず東京へ出て行くという人が一定数います。それだけ、全国では東京への引越し件数が相当数あることになります。特に3月4月の引越しシーズンでは業者の人手不足などにより、料金も高くなりがちです。福岡は東京までへの距離も遠く、遠距離の引越しは非常に高額にかかることになります。引越しを出来るだけ安く済ませるには、まずは引越しシーズンを避けることが一番です。時間の余裕がなく3月にしかできない場合でも、週末を避けることが一つの手段になります。引越し業者では金曜日も週末価格になることが多いので、月曜から木曜を選ぶことが第一条件です。そして、ネットの比較サイトなどを利用し、複数の引越し業者を比較するのが現在では常識となっています。見積もりの際には、大手から中堅の業者を複数依頼してみて、家に来てもらった時には、「別の業者はいくらでやってくれると聞いた」と言う風に、見積もりより少しだけ安い値段を言ってみると、さらに値段を下げてくれることもよくあると言われています。引越し業者もお客の取り合いになっているので、柔軟に対応しているところが多くあります。

荷造り

衝撃を和らげる工夫

引っ越しの際は業者を決めたり、荷物を梱包したりなどの準備が必要です。梱包する際は衝撃を和らげる工夫を実施し、安全性を高めることが大切です。そうすれば、梱包した物の故障や体を傷つけてしまう状況を回避できます。

部屋

新居のイメージ作り

引越で後悔しないためにも前持って新居のレイアウトをしておくとよいでしょう。無料でも使えるソフトやアプリを使っても手書きでも構わないので、間取り図に家具を配置してシミュレーションしてください。シミュレーションがしっかりできていれば、業者への指示も明確にすることができます。

ウーマン

食品は残さないよう考える

引っ越し業者は冷蔵庫に中身が入ったままでは断られるので、計画的に使い切るか処分する必要があります。使い切るためにも引っ越しから1〜2週間前には中身を確認して、その日までの献立を検討しておく必要があります。どうしても残る場合はクーラーボックスなど用意して、中身を入れ替えることも考えておきましょう。